Jazz好きが選ぶ夏が似合う曲:第1回「波待ち」

丁度一年くらい前に「夏が似合うスタンダードジャズ5選」という記事を書いた。

minimumemo.hateblo.jp

 こちらがなかなか楽しかったのと、わたし自身ジャズが好きな人はどんな音楽が好きなのか気になることもあり、今年は夏が終わるまで少しずつ夏が似合う曲をどんどん書いていく。(第1回といっているけど何回できるかは未定。)

 

夏というとイケイケノリノリな曲をあげがちだけど、そういうのは誰かがやってくれていると思うので今回は大人の余裕を感じる、気だるい夏の夕方が似合う曲を中心に選んでいきたい所存。

 

初回はparis matchの「波待ち」


Nami Mati (波待ち) - Paris Match

波待ち

波待ち

 イントロから、目の前に夕方のビーチが広がる曲。そしてマリさんの気だるいボーカルが素敵。

かなり前にSuono Dolceというインターネットラジオparis matchの2人が出でていた。その時にボーカルのミズノマリさんがこの曲について「七里ヶ浜珊瑚礁で、海を見ながらカレーを食べながら作った曲」だと言っていた気がする。

確かに134号線、所謂湘南の海沿いの景色がとても似合う曲。

 

珊瑚礁 モアナマカイ店

食べログ珊瑚礁 モアナマカイ店

 

 

幼い頃、家族で車で134号線沿いを通ったときに素敵なお店が多くて衝撃を受けたのをよく覚えている。

中でも珊瑚礁の外観は秀でて惹かれるものがあって「大人になって、彼氏ができたらここにデートにきたい!」なんて幼いながらに思ったのをよく覚えている。

この「波待ち」はあまりデート向きの曲ではないかもしれないけど、江の島ドライブの帰り、日が沈むころに、彼氏がサラッとこの曲を流したりなんかしたら「なんてセンスがいい人なんだろう!」ってゾッコンになること間違いない。

 

Flight 7

Flight 7