秋に聴きたいスタンダードジャズ5選

秋は、ジャズが良く似合う季節だと思う。

秋の夜長に、本を読みながらしっとり聴きたい曲を、わたしの主観で選んだ。

 

1、Autumn Leaves/枯葉

ジャズの入門の定番ともいえる曲。

こちらは、Bill Evansビル・エバンス)というピアニストによる演奏。


Bill Evans Trio - Autumn Leaves

 

Autumn Leaves

Autumn Leaves

 

個人的に好きなのは、高浜和英さんという日本人ピアニストの演奏。

高浜さんは、歌うピアニストとして知られており、ピアノはもちろん、歌も素敵。

中でもこの枯葉は、ピアノとフランス語・英語を駆使して表現していてとっても素敵。


枯葉.wmv

前半部分はしっとりとフランス語で、1分40秒あたりからはテンポが速くなり英語でスウィングで歌いあげている。

枯葉はもともとシャンソンの曲なので、この構成はこの曲の良い部分を凝縮している。

 

2、You'd Be So Nice to Come Home To

渋いメロディがかっこいい曲。耳にしたことがある方もいると思う。

ハードボイルド(が厳密にどういうものかはわからないけど)な感じ。

Art pepperの、サックスの演奏がとてもかっこいい。


Art Pepper-You'd Be So Nice to Come Home To

 

 

山中千尋さんという日本人女性ピアニストによる演奏。 

メロディはギターという編成。

 山中さんの演奏は、しっかりジャズなんだけどどこか和風のエッセンスを感じる。

私は勝手に、「世界に通じる和製ジャズ」だと思っている。

 

3、L-O-V-E

こちらも有名な曲なので、ご存知の方も多いはず。

動画はNat King Coleの演奏。歌詞が素敵なのでぜひ動画で確認してみて。


L-O-V-E Nat King Cole (Lyrics) 

L-O-V-E

L-O-V-E

 

こちらはFrank Sinatraによる演奏。

1941年ころ、アメリカの女の子たちが夢中になった歌声なんだとか。

Frank Sinatraは1998年まで生きていたので、偉人はそう遠くないことを感じることができる。


L O V E -Frank Sinatra

 

4、There will never be another you

和訳すると“あなたの代わりはいないでしょう”とか、“あなただけ”とかかな。

動画はChet Bakerの演奏。こちらは歌もトランペット部分もChet Bakerが演奏しているというなんともナルシスティックな編成。

誉めてます。それでこそChet Bakerだと思うから。


Chet Baker - There Will Never Be Another You

 

 私が好きなのは山中千尋さんの演奏。

なぜか涙がでてしまうような一曲。大好きなので結婚式のBGMにも使用しました。

 

5、TAKE FIVE

5/4拍子が特徴的な曲。

秋の夜はこの曲を聴きながら読書したい。

 

動画はDave Brubeckの演奏。

2:13あたりの力強いドラムソロがかっこいい。


Dave Brubeck - Take Five

Take Five

Take Five

 

ジャズといえばサックス。こちらはサックスのみで演奏したTAKE FIVE。

クール!

 
Take Five

 

以上、秋に聴きたいジャズ5選でした。

良いジャズライフを!