2018年買ってよかったもの8選

f:id:minimumemo:20190103210055p:plain2018年もたくさん買い物をしました。その中でも特に買ってよかったものを紹介します。

 

1. 無印良品 軽量オーストラリアダウンポケッタブルリバーシブルフードブルゾン

www.muji.net

無印良品MUJI Laboというラインから出ているものです。

MUJI Laboを取り扱っている店舗は限られていますが、ネットストアでも購入可能です。

この「軽量オーストラリアダウンポケッタブルリバーシブルフードブルゾン」は、フィルパワー750で、軽くてほどよく暖かいとことが良いです。

この“ほどよく暖かい”というのがポイントなんです。実は、ダウンはもう一着持っているのですが、そちらは雪でも大丈夫なほど暖かいものなので都内の冬には少々やりすぎを感じていました。

わたしが買ったのはスモーキーグリーンという色で、ブラックとリバーシブルで着ることができるのでコーディネートに応じて使い分けることができる点も良いです。持ち運びの際には小さくたたむことができる点も便利です。

 

2. ロンシャン ル プリアージュ

説明不要なほど人気なロンシャンのトートバッグ「ル・プリアージュ」。街を歩いていると必ず誰かが持っているといっていいほど目にします。

ナイロン素材なのでとても軽く、手入れもほぼ不要なので雨の日でも気軽に持つことができます。オフィスカジュアルにも、プライベートにも持てるデザインも魅力です。

わたしが買ったのはSサイズですが、A4のクリアファイル、水筒、タオル、ポーチ、Kindleなど、見た目以上にたくさん入ります。

 

3. Kindle Paperwhite

わたしが購入したのは、Kindle PaperwhiteWi-Fi 、8GB、広告なしです。

 

出かけるときは必ずと言っていいほど本を持って行くのですが、本は嵩張るし重さもあります。身軽にしたい、でも本は持ち歩きたい、そんな気持ちにぴったりなのがKindleでした。

f:id:minimumemo:20190103204032j:plain

iPad miniを持っているので、電子書籍iPad miniでも読めると思っていたのですが、iPad miniよりも小さくてはるかに軽いです。重さは、Apple純正のシリコンカバーをつけたiPhone xsと同じくらいと、非常に軽いです。

 

Kindle Paperwhiteは8Gと32Gがあり、8Gあれば100冊程度は余裕で持ち運ぶことができるとのことです。容量については悩ましいところですが、わたしのKindleの使用用途は、本を1〜3冊程度を持ち歩くことなので8Gに決めました。

本棚はクラウドで、家などのWi-Fi環境がある場所で読みたい本を本体にダウンロードするという使用方法であれば8Gで十分だと思います。家の本棚をまるごと持ち歩きたいとか、長編漫画を全巻持ち歩きたいという方は32Gがいいですね。

購入前に懸念していた反応速度の遅さや、画面の反転も全く気になりません。紙の本より軽く、画面も見やすいため、読書の際の腕や目の疲れもほぼ感じないため読書生活がはかどっています。

一つ不満を言うとすれば、Kindle化している書籍が意外と少ないことです。こちらについては今後に期待しています。

 

4. パナソニック 食器洗い乾燥機

 

とにかく便利です。使った食器はとにかくなんでも入れてスタートボタンを押すだけで、憂鬱だったお皿洗いがなくなりました。乾燥までしてくれるので、キッチン周りが水でびしゃびしゃになることもありません。

本体が大きく場所を取る点と、運転中の音が大きい点少々気になりますが、それ以上にメリットが大きいためこちらは許容範囲内です。

洗剤は、ジョイ ジェルタブがおすすめです。頑固な油物やかたくなってしまったご飯粒なども予洗いなしで綺麗になります。

ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤 60P

ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤 60P

 

 

5. バルミューダ スチームオーブントースター

 

いろいろな焼き方でパンなどを焼くことができるおしゃれなトースターです。シンプルだけどあたたかみのあるデザインがすごく好きです。

トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサン、クラシックの5つのモードが搭載されているので、パンやお好みに応じて焼き方が選べます。焼く際に水を入れるとスチームトースターとしても使用可能で、もちろんスチームなしでも使用できます。

どんなパンでも焼きたてのパンのようにおいしくなります。また、いろいろなトーストのレシピに挑戦したり、ホットドッグやグラタンを作ってみたり毎日が楽しくなりました。

www.instagram.com

 

6. 長谷園 かまどさん二合炊(直火専用)

長谷園 かまどさん二合炊(直火専用) CT-03

長谷園 かまどさん二合炊(直火専用) CT-03

 

 

コツも火加減調整も不要で、簡単につやつやでおいしいごはんを炊くことができます。

水に浸すもの20分までであれば土鍋内で可能です。炊飯器よりも構造が簡素な分、洗い物が楽な点も良いです。そして何より、土鍋で炊いたご飯は本当においしいです。

 

f:id:minimumemo:20190103204318j:plain

 

長谷園 かまどさんは保温性がとても高いため、炊いた後も2時間くらいなら温かいままキープすることが可能です。

ちなみに我が家ではお米は新之助を使っています。かまどさんと相性が良いのか、新之助は、以前食べていたお米よりも大粒で、ツヤツヤで粘りと硬さがちょうどよいおいしいです。

冷凍保存して電子レンジで温めた状態でも炊きたてと謙遜ないくらいおいしくいただくことができます。

 

 

7. アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー

 

アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナーはコスパが最高です。そして軽くて持ち運びしやすい点が非常に良いです。これは棚ぼた的効果なのですが、吸引と同時に温風でふとんをふっくら温めてくれるためか、使用後は布団がふっくらとして寝心地が良くなるのが嬉しい点です。

「高感度ダニちりセンサー」という赤、黄、緑の三段階のランプが搭載されていて、赤色に光ったところが特に汚いそうです。

このセンサーは、初めは半信半疑だったのですが、赤く光る部分も繰り返し使用すると次第に緑色に変わります。また、赤色が多く光ったものを掃除したあとは、フィルターがとても汚かったので、「高感度ダニちりセンサー」は信用できるものだと思います。

長年手入れなしで使用しているベッドのマットレスは想像以上に汚かったりしますので、ぜひ布団クリーナーを使用してみてください。

 

8. 無印良品 ポリエステルダブルファスナーケース

www.muji.net

上記で紹介したロンシャン ル プリアージュはバッグ内に、小さなポッケがあるのみで仕切りは一切ありません。そのため中身がぐしゃぐしゃになってしまいます。そこで無印良品のダブルファスナーポーチを導入しました。わたしはSとMを両方揃えて、荷物に応じて使い分けています。

鍵などすぐに見つけたいものはメッシュ側に入れたり、薬や化粧品などは中身が見えない側に入れるなど、用途に応じて使い分けることが可能です。

 

以上、2018年買ってよかったもの8選を紹介しました。

ミニマリストといえるほど厳密には行っていませんが、あまり物は増やさないように日々心がけています。しかし、「生活をもっと便利にすること」、「毎日をもっと快くすること」に対しては欲張りでいたいと思っています。

 

これからも、毎日をごきげんに生き抜けるような“なんかいい感じ”の記事を書いていきますので、2019年もよろしくお願いします。