春に聴きたいスタンダードジャズ5選

f:id:minimumemo:20180218204129j:plain

 

まだまだ肌寒い日が続くが日差しや風に少しづつ春を感じる。新しい季節にぴったりなジャズを選んだのでぜひ聴いてほしい。

 

 1、Afternoon In Paris/アフタヌーン・イン・パリ

1956年にジョン・ルイスによって作曲された曲。

おしゃれだけどどこか可愛らしいメロディ。

暖かな日差しが似合う曲だと思う。軽快なリズムにのって足取りも軽くなりそう。

Afternoon In Paris

Afternoon In Paris

  • provided courtesy of iTunes

 

個人的にはこちらの、Renato Sellani & Danilo Reaのピアノの品の良い演奏が好き。

Afternoon In Paris

Afternoon In Paris

  • Renato Sellani & Danilo Rea
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

2、Cool Struttin'/クールストラッティン

テーマのメロディがとてもかっこいい。ほどよく力の抜けた感じが心地良い。

タイトルの“Coll Struttin'”は直訳すると「クールな歩き」。新しい環境は緊張がつきものだけど、この曲のように脱力していこう。

Cool Struttin'

Cool Struttin'

  • provided courtesy of iTunes

 

3、Softly, As in a Morning Sunrise /朝日のようにさわやかに

曲自体は失恋の曲だが、憂鬱な朝に寄り添うような一曲。 

2で紹介したソニークラークの演奏がおすすめ。

Softly, As in a Morning Sunrise

Softly, As in a Morning Sunrise

  • provided courtesy of iTunes

 

ビブラフォンがメロディを担当している珍しい演奏。MJQの演奏の特徴である、都会的で洗練された感じが曲によく合っている。

Softly As In a Morning Sunrise

Softly As In a Morning Sunrise

  • MJQ
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 4、My Favorite  Things /私のお気に入り

サウンド・オブ・ミュージック』で使われていた曲で、JR東海の“そうだ京都、行こう”のCMでもお馴染み。この曲のすごいところは、オーストリアの曲なのに日本の原風景にも似合うということ。

新しい環境は、楽しいことばかりではないかもしれない。もちろん楽しいことばかりであればそんなに幸せなことはないけれど。
辛いことや悲しいこともたくさんあるのが人生なのではないかと思う。

これは私の持論だが、“悲しいことも辛いこともたくさんあるけど、どうにか前を向いて生きていく”のが人生だと思っている。
この『私のお気に入り』はそんな気持ちにそっと寄り添ってくれる曲だ。

 

歌詞の一部を紹介する。

When the dog bites,
when the bee stings
When I’m feeling sad,
I simply remember
my favorite things
and then
I don’t feel so bad!

(訳)

犬が噛んだとき、
蜂に刺されたとき
悲しい気持ちになったとき、
ただお気に入りのものたちを思い出すの
そうすると、悪い気持ちにはならないわ!

 

誰でも心の中に不可侵領域のような、お守りを持っていて、辛いときや悲しいときにその心のお守りに抱きつくことで救われる人は多いのではないかと思う。『私のお気に入り』はそういう曲だと思う。

 

ジョン・コルトレーンの演奏が有名なので聴いてほしい。

My Favorite Things

My Favorite Things

  • provided courtesy of iTunes

 

土岐麻子さんの歌唱は歌詞の世界が味わいやすくて好き。

My Favorite Things

My Favorite Things

  • provided courtesy of iTunes

 

5、Nutville/ナットヴィル

スタンダードジャズではないのかもしれない。ジャズのジャンル分けは難しい。

疾走感が気持ち良い一曲。
嫌なことも、5月病の憂鬱感もこの曲のように吹っ飛ばせたらいいと思い選んだ。

それぞれ違う方向に向かって爆走している車が最終的に同じ場所にたどり着く、みたいな爽快感がある。
トランペットがすごく難しいそうなので注目。

 

こちらの演奏が有名。

Nuttville

Nuttville

  • Buddy Rich
  • ジャズ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

 日本人のジャズビアニスト・小曽根真さんの演奏も素晴らしい。
ピアノでの演奏は新鮮に感じる。 

ナットヴィル

ナットヴィル

  • 小曽根 真
  • ジャズ
  • provided courtesy of iTunes

 

購入はアルバムのみだ。

BACK AT THE CLUB

BACK AT THE CLUB

  • 小曽根 真
  • ジャズ
  • ¥2100

 

新たな環境に飛び込む人も、そうでない人も、良い音楽生活を。