シナリオを作ってヒロインになりきること

 

水希さんの本は初めて読みましたが、文章が好きです。

知性と品のある文章で、読んでいてとても気持ちの良い一冊です。

言い回しや、句読点の使い方が美しくて憧れる…

 

そして、(大変失礼な言い方だとは思うのですが)

水希さんはとても頭が良い方だと感じました。

 

この本は、よくある小手先のモテ技術ではなくて、

“こうするために、こうしましょう。”

“こうだから、こうする”

原因と結果、理由と行動が書かれていて説得力があります。

 

 

おもしろいと思ったのは、

無意識に自分を幸せから遠ざけているメンタルブロックに対抗するために、

「うまいくシナリオ」を作成するというもの。

 

登場人物は、わたしとわたしを幸せにしてくれるというまだ見ぬ彼なのですが、

この“まだ見ぬ彼”の妄想をするのですよ、それはもう細かくw

 

優しくて、物腰が柔らかいけど、頼りがいがあって…といろいろ考えて

最終的に辿り着いたのは

f:id:minimumemo:20151223192019j:plain

 

Free!の橘真琴だった。

 

まこちゃんが彼氏…

考えただけでポジティブになれる。

 

話が逸れてしまいましたが、

水希さんの本はモテるためだけでなく、

女性としての立ち振る舞い、マナー、人間関係

様々な面で参考になるのでとてもおすすめです。