読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいも諦めないお気楽ライフハックブログ

かわいいも諦めないお気楽ライフハックブログ。

『真夜中にシュークリーム』読了

『真夜中にシュークリーム』はあちゅう


f:id:minimumemo:20160517190424j:image

 

読みやすさ:★

共感:★☆

 

まず、デザインがかわいい。心をくすぐる。

はあちゅうさんの本はkindleで読むことが多いのに

これは書籍で買ってしまった。かわいいから。

 

読んでの率直な感想は、

はあちゅうさんってこんな文章も書けるんだ!」

 

というもの、『半径5メートルの野望』の印象が強すぎて、

闘志溢れる方だとばかり思っていたので、甘くて柔らかい文章に驚いた。

でもやっぱり、甘さの中にもちょっとエゴイスティックというか

尖ったものが見え隠れしていて、ああやっぱりはあちゅうさんだなあと思った。

 

どれも全部大好きだけど特に好きなのは

「日曜日の猫パンチ」

髪の毛が抜けたり、野良猫ちゃんを見たりすると、

ふとこの文章を思い出す今日この頃。

あえて引用はしません。かわいらしい文章なのでぜひ読んでほしい!

 

「東京から来た女の人」

これ、私もすっごく考えることだからびっくりした。

特に思ったのは韓国に旅行に行ったとき。

私はここで生まれ育っていたら、

毎日何を食べて、どんな服を着てメイクをして生活をして恋をするんだろう、と。

みんな考えることなのだろうか?

 

最後のおまけのつれづれノート

「私の幸せの基準」

恋していないだけで迫害される

 

セクハラやパワハラはよく話題になるけれど、恋愛や人生観において

誰かの幸せの基準を押し付けることもハラスメントと言えるかも。

 

本当にそのとおり。

恋しているのがあたりまえ、適齢期には結婚するのがあたりまえ

そういうマインドを押し出して会話をしなくちゃいけない人って

一定数いるから疲れてしまう。

恋していないから「かわいそう」なことはなくて、

世の中は恋愛以外にも素敵なことがあふれている。

 

もっといろんな幸せの形を認め合える世の中なら生きやすいのにな。

そのとおり。

柔軟に、多角的にものごとを考えられる人間になろう。

 

 

 

 

 

『世界一の美女になるダイエット』読了

www.amazon.co.jp

『世界一の美女になるダイエット』

エリカ・アンギャル著 

 

痩せなきゃ!と貯金しなきゃ!は

なんだかもうずーっと言っているような気がする。

 

ダイエット。

数年前までは「3日で1キロ減らせます!」とか言って、

実際簡単に減らせてた。

でも25歳になって、ただでさえ良くない代謝は更に悪くなって、

デスクワークだし運動大嫌いだしで何もしなければ体はどんどん鈍っていく。

というよりも、ダイエット云々の前に慢性的な運動不足だ 。

 

いざダイエットを始めるとして

「さあ!ダイエット、あれはダメこれはダメ」って言うのは

とても辛い、続かない。

生活に自然と馴染む感じで習慣にしてしまいたい。

きっとそういうダイエットは、体にも心にもよいはずだ。 

 

ダイエットというよりヘルスケア。

体の中から綺麗になっていきたい所存。

 

『世界一の美女になるダイエット』からはそういうマインドを手に入れた。

こちらに書かれていることをベースに進める。

無理なく健康的に。

 

何より、ミスユニバースファイナリストの方々も

同じことをやっていると思うだけでモチベーションがあがる笑

 

まずは、栄養バランスを考えて食事をしている。

単品物でお腹を満たさない。

エンプティ―カロリーを取らないことを意識して生活しようと意識づけてくれる一冊。 

 

www.amazon.co.jp

『こじらせ女子の日常』読了

www.amazon.co.jp

 

本屋さんでたまたま見つけて購入。

私はこじらせ女子の自覚があり、

帯の“「女子」であることを楽しめないあなたへ”がグッときた。

 

ただただこじらせ女子論が述べられているだけかと思いきや、

かなりしっかり社会学だった。

 

中でも特に印象に残ったのが以下2点

(たくさんあるので全て書きたいけど絞りに絞って。)

 

まず、「女子力」という言葉に関する文章。

 

「女子力」は、何でも「ヤバい」のひとことで済ませてしまう語彙力の乏しさとも似ている。「ヤバい」と言えば、どんな感動もひとことで表せてしまう。「女子力」にも、そんな便利さがある。

 

ひとつ確かなのは、世の言う「女子力」に踊らされることなく、その評価軸を徹底的にバラバラにし、自分なりに組み立ててみること、これが今の女性たちに求められる“本当の力”ではないか、ということだ。

 

この記事のとおり

私は「女子力」という言葉に抵抗がある。

まず「女子力」という言葉に違和感を感じるのが自分だけではないと気づけただけでも救われたのに、更に「女子力」に関して再定義していてモヤモヤが晴れた。

北条さんに感謝!

 

また、妊娠や出産に関しても書かれている。

結婚しないのか。出産は早い方がいい。

という女である以上どうしても逃げ切れられないしがらみ。

オジサン政治家なんかがよく妊娠や出産について無神経に口出ししたりするわけだが、そのたびに全身が痒くなるような吐き気がするような思いになる。

これについて北条さんは

 

「一般論」を笠に着て、女性の身体的な領域にズカズカと踏み込んでくる。妊娠や出産は、女性にとって繊細で、あまり立ち入られたくない領域

と表現した上で、更に

「一般論を言っただけ」と主張しても、発言が「不快なコミュニケーション」に帰結してしまった以上、謝るべき

と言っている。

 

そう、“立ち入られたくない領域”なんだよ!!!

今後そういう場面に出くわしてしまったら、

「立ち入られたくない領域です」って言おうと思った。

 

他にも本書では美に対する執着、貧困女子、結婚など…女をとりまくテーマが北条さんの切り口で分析し書かれており非常におもしろかった。

もうこれは社会学の本と言っていいと思う!

 

どの項目も本当に興味深くて、世の中に対して違和感を感じていたことをうまく言葉にしてくれているのでおすすめ。

 

この一冊で北条かやさんの大ファンになったので追いかける所存。

 

www.amazon.co.jp

 

 

『鴨川食堂おかわり』読了

 

鴨川食堂』がとっても良かったので

引き続き『鴨川食堂おかわり』も読んでみた。

すごく良い、幸せおかわり!な気分。

 

今回も前回に引き続き、基本的な流れは同じ短編6選。

飽きずに読めるのは、そこに一つ一つ人生があるからなんだと思う。

 

6つの短編の中で一番響いたのは、

第四話 焼飯

依頼主は、モデルさん。

 

今でこそ華やかな世界にいるけれど

幼い頃は貧しい家に育ち、父親は前科者である。

 

焼飯は母が作ったもので、学校から帰ると机に布巾を掛けて置いてあった。

母はパートで出かけていて夜遅くならないと帰ってこないので、

一人でレンジでチンして宿題をしながら食べた。

 後に資産家である親戚の家に引き取られ、不自由のない生活をした。

 

引き取られる以前ことは話さないため、周りの人は彼女の過去を知らない。

モデルの仕事の縁で 一流企業の御曹司にプロポーズをされ、

今度手料理を振る舞ってほしいと頼まれたけれど、本当の自分をちゃんと知ってもらうには、あの焼飯を食べてもらうのが一番だと考え食探しの依頼をした。

 

華やかに見えても人には見せられない弱い部分があるけれど、

このモデルさんはしっかり向き合い受け入れていれていく姿が素敵。

 

このお話は現代小説らしく、

モデルさんが幸せになったかどうかまでは書かれていない。

でも、絶対幸せになったと思う!なっていてほしい!

颯爽と歩く姿にバッドエンドは似合わないもんね。 

 

鴨川食堂は文章が優しくて、なんでもない部分でも涙がでてしまう。

理由はわからないけど心の柔らかい部分に浸透する。

 

鴨川食堂シリーズ、『鴨川食堂いつもの』も楽しみ!

 

『鴨川食堂』読了

 

柏井壽/『鴨川食堂』

 

読みやすさ★★★★

ほっこり★

おすすめ★★★★

 

京都を舞台にした作品が好きです。

この作品は京都にひっそりとある食堂が舞台。

 

思い出の「味」、捜します。という料理の探偵さんのお話。

短編が6つ掲載されていて、基本的な流れは同じ。でも飽きることなく読めてしまうのがこの作品のすごいところ。

 

一番好きな話は、第五話のナポリタン。

19歳の女の子が幼い頃に祖父と旅行をした際に食べたナポリタンを捜してほしいという。

理由は認知症になってしまったお祖父さんに、もう一度そのナポリタンを食べせてあげたいから。

背景からして、今の私と非常に似ていて惹きこまれずにはいられない。

 

「黄色いナポリタン」だというそのナポリタンは、名古屋のナポリタンで

鉄板に溶き卵を敷いた上にナポリタンが乗っているという。食べてみたい…。

 

その女の子が、鴨川食堂で食事をしている場面で突然涙を流す。

そこで言った言葉

「あんまり美味しくて。ごめんなさい。美味しいものを食べるといつも泣けてきちゃうんです。」

すごくよくわかる。

おいしいもの、心のこもったものを食べると涙が出そうになる。

これはおいしいものを食べた時に限った話ではなくて、

何かに感動したとき、琴線に触れたときに涙が出てしまう。

 

私も何かとすぐに感動して泣いてしまう。それがすごく嫌だった時もあったけど、捉え方を変えると

感受性が豊かということだと思うから、この感性を大切にしよう。なんて開き直ることができた。

けど、やっぱり理解しがたい場で泣きたくなるのは考えものである。

この女の子にもそんな葛藤があったりするのかな。なんて考えたり。

 

そして、私が最も好きな場面

依頼主の女の子と、鴨川食堂の流さんのやりとり

「祖父と食べた料理はたくさんあるのに、わたしは何故あのスパゲティが気になっていたんでしょう」

(中略)

「五歳にならはって、お祖父さんがあなたを一人前の人間として扱わはるようになった、初めての旅やったからやと違いますかな」

(中略)

「きっとそれまでは、一皿の料理を分け合うて食べてはったのが、この旅からはあなたを一人前の人間として見はるようになった。その証が、このスパゲッティやった。自分の前に、自分だけの料理がある。よっぽどそれが嬉しかったんですやろ」

食に関する記憶って、一見おいしかった、おいしくなかっただけかと思いきや

誰と何をどんな風に何を思いながら食べたのか…思い出に深くリンクする。

 

生きていると嬉しいことも悲しいこともたくさんあるけど、その感情に纏わる食の記憶は優しく包み込んでくれる。
おいしいものを食べると涙が出る、というのはそういうところに由来するのかな。

 

そして毎回々々の食事を大切にしたいと改めて考えるきっかけになった。

お腹の底から幸せな気持ちになれる何度も読み返したくなる作品。 

 

 

『馬券偽造師』読了

 

中山兼治『馬券偽造師』

 

読みやすさ★★★★

共感性★☆

おすすめ★★★☆

 

この手の本を読むのは初めてで、

幻冬舎アウトロー文庫”であるとか、犯罪に関する本であるとか、

そういった先入観から少しビビりながら読み始めた。

実際に読み始めてみると、文章が読みやすく、内容もおもしろいのですぐに読み終えた。

 

一般的に馬券偽造をする人の目的ってきっとお金だと思う。

でもこの筆者は、お金よりも自分の作成した偽造馬券がどこまで通用するか試したかったのだろう。芸術家なのだね。

馬券偽造のために、馬券を水に浸してみたり、色んな競馬場を回ったり、当時手に入りにくかった色鉛筆を入手したり、離婚したり、部屋の湿度や温度を調節したり…

馬券偽造に人生をかけている。アホかと思うけど、作品を作るためなのだから仕方ない。

 

「でも犯罪者でしょう?」と言ってしまいそうな作品なのに、

芸術家なんだなあ、と思わせるのはきっと筆者がどこまでも一本気だから。

最後まで芸術家としての矜持を持ち続けているから、読んでいて不快な気持ちにならなかったのだと感じた。

 

ノンフィクションはあまり手に取らないのだけどこれはおもしろかった!

 

 

『壇蜜日記』読了

 

壇蜜壇蜜日記』

読みやすさ:★★★★

共感:★☆

おすすめ:★☆☆

 

タレントの壇蜜さんの著書。

 

内容は、本当にただの日記。

芸能人がどんな私生活を送っているのか、

真相は知る由もないけれど少なくともこの本の中では、

仕事と猫と魚と昼寝。

なんだわたしとあまり変わらないななんて思う。

 

以下印象に残った文章

2013/10/11 晴れ

「他人に対してコンプレックスがあるか」について仕事先の人と話す。(中略)私にも確実な対象がある。「いわゆる『学歴の高い』『大手企業』に所属している人」だ。(中略)いまでも私のこじらせた部分にしっかり作用している

偉くなりたい訳じゃない、と思っていたが私の本心は偉くなるというより……あまりバカにされたくないだけだ。

雪でもふればいいと思っている時は大体何かの動きを止めたい時だ。仕事、時間、今進行中の何か…特定できないが大体そのうちどれかが該当する

丁寧に扱ってもらったことはずっと忘れない。ぞんざいに扱われたことも絶対に忘れないが。了見の狭いやつと言われるもの分かっているが、忘れないだけで、許さないとは言っていないことをご理解いただきたい。

 

口には出さないけど、辟易していることとか、日常で感じる消化不良なできごとたち

この本を読んだからと言って、自分の中で消化されるわけでは決してないんだけど

「あーわかる。うん、それもわかる…」みたいな

自分だけじゃない、壇蜜さんでもそう感じるなら、まあ仕方ないかあ、なんて思う。

 

テレビでコメントをする壇蜜さんを見て、彼女の言葉が好きだなあと思う。

ワイドショーは何かと辛辣なことを言ったり、奇を衒うコメントをする人が多い中で、

壇蜜さんの言葉は優しい。それでいて凛としていて筋が通っていて、女性として憧れる。

日本アカデミー賞のコメントなんて本当に素敵で、ああいうコメントができる女性になりたいなあ…。

 

けっこう気が滅入る作品なので、この『壇蜜日記2』もあるけど引き続きは読まないかな。2はそのうち気が向いたときに手にしようと思う。